• TOP
  • ビジネスマンの方へ
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • 院内紹介
  • 医院概要・アクセス

根管治療

天然歯の根っこを残す最後の砦~根管治療~

根管治療

根管治療は、お口にとって最大のリスクである抜歯を避けるための、重要な治療法です。清潔な環境下で適切に行えれば、重度の虫歯であっても抜歯することなく歯を残すことができるのです。

根管治療が必要なとき

根管治療が行われるケースは、次の2つがあります。

[1]重度の虫歯(初回)

重度の虫歯

虫歯が進行し、歯の根の内部(根管)の歯髄(神経や血管など)まで汚染されているケース。歯の内部から、汚染された歯質・歯髄を除去して洗浄・消毒を行い、薬剤を詰め、最後にクラウン(被せ物)を装着して完了です。

[2]根尖病巣・根尖性歯周炎(再治療)

根尖病巣・根尖性歯周炎(再治療)

かつて根管治療を行った根管内で、細菌の繁殖などから歯の根の先で炎症が起こったり膿が出たりしているケース。神経がないために気づくのに時間がかかり、突然激しい痛みに襲われます。原因としては、不十分な根管洗浄、歯根の劣化による割れや欠け、歯周病の悪化などが考えられます。

フリージア歯科クリニックの根管治療

根管治療

根管治療は、失敗してしまうと再治療の成功率が非常に低くなり、いずれ歯を失ってしまうことにつながります。そのため、根管治療には高度な技術と徹底した衛生管理が求められます。

当院では、患者様に質の高い根管治療をご提供しています。次のようなポイントをおさえた取り組みを行うことで、根管治療の成功率を安定させているのです。

当院の質の高い根管治療の理由

その1	ドクターの高い技術力

根管内部は深く曲がりくねった形状をしており、肉眼では確認できない部分があります。そのため、歯科医師の技術力、経験、専門知識が成功には欠かせません。当院では、臨床経験豊富な歯科医師が治療を行っています。

その2	最新の医療機器・設備の導入

治療前には、目に見えない部分も正確に検査・診断する必要があります。当院では、デジタルレントゲンやCTなど最新の医療機器・設備を導入することで、精密な検査・診断を可能にし、精度の高い根管治療に役立てています。

その3	イソライト・プラスで快適な診療を実現

治療中、お口の中の水を飲み込んだり、お口を長時間開いたりして苦しく感じたことはありませんか?イソライト・プラスは、そういった負担をなくし快適に治療を行っていただくための新型機器です。さらに最新のLEDライトでお口の中を照らしてくれるので、より精密な治療を実現します。

その4	ジロソニックと超音波器具の使用

ジロソニックでは、肉眼では確認できない根管内を機械的に洗浄します。また、超音波器具では、超音波振動を加えながら虫歯菌に冒された神経などをやさしく除去します。これらを採用することで、より治療の成功率を高めます。

その5	高品質な技工物の作製

咬み合わせも考慮した精巧な技工物(クラウン・被せ物)をご提供しています。また、慎重に調整しながら装着することで、天然歯の機能をしっかりと回復します。

根管治療 2つの手法をご紹介

根管治療における薬剤充填時には、次の2つの方法があります。ひとつは、歯の上から歯根の先まで垂直に押しこむ方法「垂直加圧充填」。もうひとつは、根管内部の長さに合った細長い樹脂を、シーラーと呼ばれる薬剤をつけて歯ぐきの横から専用器具で圧力をかけて埋め込む方法「側方加圧充填」です。当院では、「側方加圧充填」を採用。比較的簡単で痛みも少ないため、患者様の負担を抑えた治療が可能となっています。

垂直加圧充填

その他、当院では、精度の高い根管治療をご提供し、患者様にできるだけ長くご自身の歯を維持していただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。重度の虫歯でお困りの方、かつて根管治療を行った歯が痛くなったというお悩みがある方は、お早めに当院へご相談ください。

保険診療と自費診療の違い

根管治療は、保険が適用される場合と自費になる場合がありますが、その違いは主に以下のようなものがあります。

  保険診療 自費診療
費用
  • 治療費負担が3割で済む
  • 同じ治療内容ならどの医院でも金額は同じ
  • 治療費は全額自己負担
  • 治療内容が同じでも医院によって金額が異なる
治療法・素材 制限がある 自由に選べる
時間 制限がある(通院間隔があらかじめ決まっている) 自分の通院ペースに合わせられる

保険診療にした場合、費用は抑えられるものの、治療の選択肢が少なく根管洗浄の時間にも限りがあります。一方、自費診療にした場合、費用はかかりますが自分のペースで通えるうえに、必ずラバーダムを使用するため根管洗浄が十分に行えます。良質な治療を受けることができ、良好な予後も期待できるのです。
根管治療は比較的技術の要する治療です。理想的な治療結果を得るために、どちらを選択したほうがいいのか慎重に考えていきましょう。

根管治療についてのご質問や気になることがございましたら、お気軽におたずねください。 お問い合わせ

このページの先頭へ