• TOP
  • ビジネスマンの方へ
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • 院内紹介
  • 医院概要・アクセス

矯正歯科

歯の見た目を整えるだけではありません~矯正治療~

歯並びは口元の見た目だけでなく、その人自体の印象を左右することがあります。また、咬み合わせが乱れているとしっかり咬めず、胃腸などの消化器官へ負担となります。さらに、お口周りの筋肉の使い方が偏ってしまうことで、全身の筋肉や骨格のバランスを崩す原因にもなりかねません。

矯正治療

乱れた歯並び・咬み合わせには、矯正治療がおすすめです。歯並び・咬み合わせを整えると、お顔のイメージが変わるだけでなく、口腔内の機能も改善し、全身の健康にもよい影響が期待できます。歯並び・咬み合わせが気になる、矯正治療に興味があるという方は、ぜひ一度ご相談ください。

矯正治療のメリット

歯並びを整えることによって次のようなメリットが得られます。当院では、メリットが十分引き出せるような矯正治療を行います。

  • ブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病を防ぎやすくなる
  • 食事のときにしっかり咬めるようになり、消化器への負担が減る
  • 歯をくいしばることができるようになるため、スポーツなどにおいて瞬間的な力を発揮できる
  • 歯並びの見た目
  • 口元のコンプレックスが解消され、笑顔に自信が出てくる
  • 歯の隙間から息漏れがなくなり、発音がしやすくなる
悪い歯並びの種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯列全体、または上顎全体が大きく前に突き出た歯並び。「出っ歯」とも呼ばれます。上顎と下顎の成長バランスが悪かったり、生まれつき下顎が小さかったりすると起こりがちです。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

上顎前突と逆に、下の歯列全体、または下顎が大きく前に突き出た歯並び。「受け口」とも呼ばれます。しっかり咬む食事が難しく、発音に影響が出ることもあります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列が全体的に前に突き出た歯並び。上下の唇が閉じにくく、転倒時に口元のケガ(前歯の破折など)が多くなる心配があります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を咬み合わせても、前歯の上下が咬み合わず隙間ができる歯並び。前歯で食べ物を咬み切るのが難しく、息漏れも起こりがちで発音に影響を与えることがあります。指しゃぶりが原因のひとつだと考えられています。

 

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がデコボコだったり、重なっていたりする歯並び。歯の大きさに対して顎が小さすぎることで、歯がきれいに並ぶスペースが足りなくなっているケースです。「八重歯」も叢生に含まれます。

 

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上下の歯の咬み合わせが深すぎる状態です。上の歯列が下の歯列に深く被さり、下の歯が見えません。食べ物を咬みづらいだけでなく、咬んだときに歯ぐきを傷つけたり、発音がうまくできなかったりします。

矯正治療の種類

現在は、歯科素材や技術の発展によって、治療効果を維持しながらも目立たない矯正治療が登場しています。当院では、歯並びなどお口の状況に適っており、患者様自身のご希望があれば、目立たない矯正治療をお選びいただくことができます。

クリアブラケット

クリアブラケット

一般に普及している矯正治療が、歯の表面に「ブラケット」といった装置を装着し、ワイヤーを通して歯を少しずつ移動させていく矯正法です。当院では、ブラケット部分が透明の装置「クリアブラケット」を採用。患者様の歯の色に調和し、装置が目立たなくなります。また、ワイヤーの色を調整することで、さらに目立たない矯正治療が可能です。どのような症例にも高い治療効果が期待できます。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを使った矯正法です。患者様の歯型から作製したマウスピースを一定期間毎に新しいものに交換することで、歯を理想的な位置に少しずつ移動させていきます。装着時に目立たないだけでなく、取り外し可能なため、食事やブラッシングが楽に行えます。

クリアアライナー

クリアアライナー

2週間に一度のペースで歯型を採取し、マウスピースを作製します。毎日17時間以上の装着が必要です。1回の交換で0.4~1mm程度、歯を移動させます。

インビザライン

治療開始時に一度だけ歯型の採取し、マウスピースを作製します。毎日20時間以上の装着が必要です。約2週間ごとに交換し、1回の交換で0.3~0.4mm程度、歯を移動させます。

MTM(部分矯正)

通常の矯正治療がお口の歯列全体を動かして歯並びを改善していくのに対し、MTM(部分矯正)は目的に応じて、移動させたい歯だけをピンポイントで動かす方法です。斜めに生えた歯を真っ直ぐにしたり、歯ぐきに埋もれた短い歯を引っ張り出したりすることで咬み合わせを整えることが可能です。

MTM(部分矯正)

MTM(部分矯正)のメリット
・移動させる歯の本数が少ないため、治療期間が短く済む
・移動させる歯の本数が少ないため、治療費が安く済む
・部分矯正をすることによって、抜歯をせずに済むケースがある
MTM(部分矯正)でできること
・歯を引っ張り出す/引っ込める
・傾いた歯を真っ直ぐに起こす
・歯が生えている位置を移動させる
・ゆがんでいる歯を回転させる

このように部分矯正には様々な方法があります。また、歯並びを整える場合だけでなく、インプラント治療や補綴治療などの前処置として行われる場合もあります。
部分矯正は一般的な矯正治療よりも難易度が高く、咬み合わせ応じた診断・治療計画が必要になってきます。当院は、部分矯正の豊富な実績がございますので、まずは一度ご相談ください。

インプラント矯正

インプラント矯正

顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、それを固定源として歯を移動させる矯正法です。インプラント(もしくはミニインプラント)をワイヤーの固定源とすることで、歯のスムーズな移動が可能となり、治療期間の短縮につながります。インプラントの埋入には外科手術が必要ですが、局所麻酔を施した数十分の簡単なものです。インプラント治療を専門とする歯科医師が処置を担当いたしますので、安心しておまかせください。

ダイレクトボンディング法

歯科用レジン(プラスチック)を、お口の中で直接歯に盛りつける治療法です。歯の「欠け」や「すきっ歯」などの歯列を修正できます。健康な歯を抜いたり削ったりすることなく、咬み合わせや口元の見た目を改善でき、その後トラブルが生じても、比較的簡単に修復が可能です。

虫歯や歯周病の治療にも対応

虫歯や歯周病の治療にも対応

ブラケット式の矯正法を採用した場合、虫歯や歯周病になりがちに。その場合通常、矯正専門医院は一般的な治療ができず、他院を受診する手間がかかったり治療期間が遅延したりする可能性があります。ですが、当院では虫歯や歯周病の治療などの一般的な治療にも対応しておりますので、安心しておまかせください。

治療中の緊急トラブル対処法

以下では、矯正治療中に何らかのトラブルが発生した場合の対処法をご紹介しています。ご自身で対処して解決していただけるケースもあります。また、ご自身で対処できない場合は、すぐに当院へご連絡ください。

ブラッシングしていたら、ワイヤーが口に当たるようになった

爪楊枝や割り箸の先などで、メインワイヤーの中へ押し込んでください。

ブラケットとメインワイヤーを結びつけているワイヤーを「リガチャーワイヤー」といい、通常、ねじってメインワイヤーの内側に入れて口に当たらないようにされています。ブラッシングなどで飛び出た場合には、ご自身で応急処置をしていただいて結構です。

ワイヤーが曲がった・折れた・切れた・飛び出した

緊急時には、ニッパーや大きめの爪切りで、飛び出した部分を切ったり曲げたりして可。

お口の中を傷つける恐れがあったり、痛みがあったりする場合は、ご自身で応急処置をお願いします。切ったり曲げたりして、専用ワックスでワイヤーを覆って当たらないようにしましょう。その後、すぐにご連絡ください。

装置が壊れた・異常を感じる

早急に当院へご連絡ください。

まずはお電話でどういった状況にあるかお知らせいただき、壊れたり取れたりした装置は捨てずにお持ちください。

口腔内に装置が当たって痛い・口内炎ができる

当たっている部分に専用ワックスをつけて、当たらないようカバーしましょう。

唇の内側に装置の跡がついていたり、口内炎が頻繁にできたりするようなら、ワックスで装置を覆ってください。痛み・口内炎が治まらず悪化している場合は、当院へご連絡のうえご来院ください。

矯正装置をつけてから痛みがある

痛みは通常数日で次第に治まりますが、痛みが我慢できない場合は痛み止めの服用やお口を適度に冷やすことも有効です。

矯正治療では、装置装着後から歯が移動しはじめ、違和感や痛みが生じることがあります。個人差はありますが、痛みは次第に治まってきますので、あまり深刻にならなくても大丈夫です。数日を過ぎても痛みが同じように残っている、ひどくなっているようなら、当院へご相談ください。

上記のようなケース以外で、何か気になることや疑問があれば、なんでもお問い合わせください。また、矯正治療をご検討中の方のご相談にものります。矯正治療のことは、お気軽に当院へご相談ください。

矯正治療についてのご質問・ご相談は、どんなことでもお気軽におたずねください。 お問い合わせ

このページの先頭へ